上手にジェネリックを利用しよう

シルデナフィルってなんだろう

シルデナフィルとは、バイアグラに含まれている有効成分の事です。
元々は狭心症の薬として開発されていましたが、ED治療にも効果があると言う事が分かりました。
それ以来、バイアグラとして世界各国で利用されています。
またそのジェネリックも多数販売されていて、それを利用している人お大勢います。

シルデナフィルが含まれているジェネリック

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、バイアグラにしか含まれていないかと言ったらそうではありません。
今、他のジェネリックにも含まれていて、それを簡単に購入できる国もあります。
勿論バイアグラと同じ飲み方をする事ができ、注意点等もそれほど違いはありません。
またジェネリックは薬価が安くなるので、ED治療薬を長く利用している人の中にはあえてそれを選ぶ人も大勢います。

メリットが多いジェネリック

バイアグラのジェネリックにはシルデナフィルが含まれています。
含有量も殆ど同じ物なのですが、医薬品の研究開発の必要がそれほどないので、薬価自体はとても安くなります。
どうしてもED治療薬だと負担が増してしまうからそれほど頻繁に使えないと言う人は、ジェネリックを利用すると良いでしょう。
経済的な負担が大きく軽減されます。
ただ安くなったからと言って使いすぎてしまう事には注意しましょう。
大きな効果が期待出来る薬ですが、服用は1日に1回、24時間以上間を空けることが重要です。

ジェネリックを利用する時の注意点

シルデナフィルを含んでいる医薬品は沢山ありますが、日本ではバイアグラのみ病院で処方してもらう事ができます。
それ以外の製品は個人輸入をしたりして入手する事になります。
病院で処方するわけではないので手軽に購入すると言うメリットもありますが、全て自己責任で服用する必要があるので注意しましょう。
慣れないうちは最少量を服用する事、慣れてきてからも自分の体調を見ながら量の調節をすると良いでしょう。
効果が出すぎる時はピルカッター等を用いて錠剤を割って小さくしてから服用する事をお勧めします。

コメントは受け付けていません。

Filed under どう手に入れるか

シルデナフィルジェネリックは安価が魅力

シルデナフィルとは

ED治療薬として有名なバイアグラの主成分がシルデナフィルです。
バイアグラが商品名で薬理作用を示す物質がシルデナフィルと考えるのが良いでしょう。
作用としては勃起をつかさどる海綿体への血流の促進です。
海綿体に血液が勢いよく流れ込むことで陰茎が硬くなるのです。
性行為の途中で勃起が維持でき萎えることもなくなります。

シルデナフィルのジェネリック商品はコストが安い

EDの症状を治療する点ではいいことづくめのシルデナフィルですが、泌尿器科などの病院で処方してもらうと購入コストが高いという難点があります。
医師の指導のもとで使うことで安全に扱えるし、病院から入手するから間違いなく真正の商品という安心感はありますが、一錠3000円程度の負担は常用するには少し高いと思います。
そこで効能が同じで値段が安いジェネリック商品の出番となります。

バイアグラのジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、特許が切れた薬について、後発のメーカーが先発の製品と同じ製法を使って成分が先発のものと同一になるように製造した薬のことです。
開発コストがかからない分だけ先発の物よりも安価にできます。
バイアグラは特許が切れていませんが、ジェネリックとしての製品は特許の考え方が他国と違うインドで製造されています。
インドでは、製法さえ異なれば成分が同じになるような薬を作っても特許は侵害しないのです。
例えばカマグラゴールドという製品がバイアグラジェネリックとして製造発売されています。

バイアグラジェネリックの入手方法

例として挙げたカマグラゴールドは、日本国内のドラッグストアでは入手することはできません。
しかし価格が安い上、効き目はバイアグラと同じなので何とかして手に入れたいと思う人もいることでしょう。
入手方法としては、海外からの個人輸入がお勧めになります。
個人が自己使用のため海外の医薬品を輸入するのは自己責任の上で認められています。
個人輸入代行業者のサイトから手に入れるのが最も簡単です。
個人輸入代行業者を使うことで、日本語で注文でき、面倒な税関手続きもクリアできます。

コメントは受け付けていません。

Filed under どう手に入れるか

有効成分の特許が満了した際に起きる事

ED治療薬のパイオニア的存在

1990年代中頃までは、ED治療薬が作れる事は困難であろうと考えられていた医薬品でした。
しかし、狭心症の患者さんの治療の為に作られた医薬品の治験という、当該の病を抱えている人に対して行われる臨床試験において、勃起するという副作用が生じる事が偶然に判明しました。
そして、開発するのが困難であると言われた現在において、ED治療薬の代名詞的存在が完成したのです。
これは快挙と言えるでしょう。

有効成分の特許が切れた

その様な薬も用途特許と物質特許の特許が満了になったので、2013年5月17日以降であれば、ED治療薬の代名詞的存在に含まれる、シルデナフィルの有効成分の特許が切れるので、様々な医薬品メーカーからジェネリック医薬品が続々と発売されて来ています。

続々と発売される国内でのED治療薬

例えば、レモン風味やコーヒー風味の2種類を提供し、水を必要とせずとも唾液のみで服薬出来るというタイプの医薬品が登場しましたこの様に今までには考えられなかったプラスアルファを加えた製品が、ED治療薬にも必要になったと言えるかも知れません。
そして価格も徐々に変化している模様で、前述のED治療薬のジェネリック医薬品は価格は2014年11月17日から、値引きされるなど価格変動も激しくなるのかも知れません。
また、別の医薬品メーカーからは水色の円形の錠剤で25mg錠と50mg錠が用意されていますが、前者の25mg錠の取扱は無く50mg1錠1000円となっています。
その他にも数えきれない程、各医薬品メーカーから発売されてくる事は、間違い無いでしょう。

国内ではまだ割高だけども安心感がありますが海外の医薬品は安い

日本国内で生産された商品を使うのは安全と安心感を与えてくれますから、可能であれば国内で作られたED治療薬を使用するのが、最も安全だと言えます。
しかし、まだ海外で販売されているED治療薬の薬価の安さには追い付いていないので、今後は価格競争が起こり、徐々に安価な医薬品が増加する事を期待しましょう。
また医薬品に有効期限がありますので、使用期限が過ぎたら思い切って破棄する必要があるかも知れません。

コメントは受け付けていません。

Filed under シルデナフィルとは