同じ成分同じ効果のジェネリック

ジェネリックとは

みなさんは、ジェネリックという言葉を聞いたことはありませんか。
テレビCMでもよくPRしていますし、政府も推進しているので、今では多くのジェネリックが登場しています。
新薬を開発するには長年の研究と膨大なコストが必要になるため、特許期間中は独占的に新薬を販売することができます。
ですが、特許期間が過ぎたなら、一定の手続きを経て厚生労働省から承認が下りればジェネリックを製造販売することができます。
それは、有名なED治療薬のバイアグラでも同じことです。

各製薬会社のシルデナフィル錠

バイアグラは、特許期間が終了したため、独占的に販売することができなくなりました。
そこで、この有名なED治療薬を販売したい各製薬会社が、各々シルデナフィルを主成分としたED治療薬を開発しています。
シルデナフィルはバイアグラの主成分で、EDに悩む方でも容易に勃起させてくれるものです。
主成分が同じなら、ほぼ同じ効能を期待することができます。
これまで高くて手が届かなかったバイアグラが、やっと手が届くようになってきたのです。
特許が切れたおかげで、安価にED治療薬を手に入れることができるようになったわけです。

ジェネリックは高いか安いか

これまで、バイアグラを処方してもらうには、クリニックで診察を受け、処方してもらわなければなりませんでした。
しかも、バイアグラは1錠1500円前後と高く、それに診察代が加わるのですから、1か月分にすると5万円程度必要になります。
普通のサラリーマンに月5万円はかなりの出費です。
バイアグラの特許が切れたおかげでさまざまなシルデナフィル錠が登場していますが、価格は1錠980円前後です。
1か月分にすると28000円程度ですから、かなり安くなりました。

もっと安いジェネリック

ですが、普通のサラリーマンにとって、約28000円は決して安くはありません。
隔日で使ったとしても、約14000円です。
これを安いと思うか高いと思うかは人それぞれでしょう。
もし、もっと安いジェネリックを手に入れたいと思われるのなら、個人輸入サービスを利用する方法があります。
個人輸入なら、シルデナフィルを主成分にしたジェネリックが、1錠120円前後で手に入るのですから驚くほどの安さです。

同じ成分同じ効果のジェネリック はコメントを受け付けていません。

Filed under どう手に入れるか

Comments are closed.