有効成分の特許が満了した際に起きる事

ED治療薬のパイオニア的存在

1990年代中頃までは、ED治療薬が作れる事は困難であろうと考えられていた医薬品でした。
しかし、狭心症の患者さんの治療の為に作られた医薬品の治験という、当該の病を抱えている人に対して行われる臨床試験において、勃起するという副作用が生じる事が偶然に判明しました。
そして、開発するのが困難であると言われた現在において、ED治療薬の代名詞的存在が完成したのです。
これは快挙と言えるでしょう。

有効成分の特許が切れた

その様な薬も用途特許と物質特許の特許が満了になったので、2013年5月17日以降であれば、ED治療薬の代名詞的存在に含まれる、シルデナフィルの有効成分の特許が切れるので、様々な医薬品メーカーからジェネリック医薬品が続々と発売されて来ています。

続々と発売される国内でのED治療薬

例えば、レモン風味やコーヒー風味の2種類を提供し、水を必要とせずとも唾液のみで服薬出来るというタイプの医薬品が登場しましたこの様に今までには考えられなかったプラスアルファを加えた製品が、ED治療薬にも必要になったと言えるかも知れません。
そして価格も徐々に変化している模様で、前述のED治療薬のジェネリック医薬品は価格は2014年11月17日から、値引きされるなど価格変動も激しくなるのかも知れません。
また、別の医薬品メーカーからは水色の円形の錠剤で25mg錠と50mg錠が用意されていますが、前者の25mg錠の取扱は無く50mg1錠1000円となっています。
その他にも数えきれない程、各医薬品メーカーから発売されてくる事は、間違い無いでしょう。

国内ではまだ割高だけども安心感がありますが海外の医薬品は安い

日本国内で生産された商品を使うのは安全と安心感を与えてくれますから、可能であれば国内で作られたED治療薬を使用するのが、最も安全だと言えます。
しかし、まだ海外で販売されているED治療薬の薬価の安さには追い付いていないので、今後は価格競争が起こり、徐々に安価な医薬品が増加する事を期待しましょう。
また医薬品に有効期限がありますので、使用期限が過ぎたら思い切って破棄する必要があるかも知れません。

有効成分の特許が満了した際に起きる事 はコメントを受け付けていません。

Filed under シルデナフィルとは

Comments are closed.